仕組みと使い方のコツ

calendar

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

update list

2017年07月06日
社会における電子タバコの扱いを更新。
2017年07月06日
プレゼントにも最適!その他灰皿のお話を更新。
2017年07月06日
仕組みと使い方のコツを更新。
2017年07月06日
使用レポートと注意点を更新。

電子タバコとその有用性について

電子たばことは、ペンのような形をした吸引器に、ニコチン(猛毒)、香料、味のついた添加物を入れた溶液を入れて電気で加熱し、蒸気を吸い込む装置です。要するに、「煙を吸う」のではなく「水蒸気を吸って香りや味を楽しむ」のです。ただし、日本では溶液にニコチンを入れることは禁止されています。日本ではニコチンを含む製品の販売は認められていないが、厚労省の調査で、国内で流通する、電子タバコに使用される溶液について、一部の溶液で微量のニコチンが検出されました。また、厚労省の同じ調査で、蒸気から、紙巻きたばこの濃度を上回るホルムアルデヒド(発がん性物質)が検出されました。一方で、電子たばこは、受動喫煙の原因となる副流煙(火をつけた先端部から出る煙)が出ないので、受動喫煙の被害が減らせます。イギリスの保健省は、2015年8月に、電子たばこが紙巻きたばこに比べ、最大で約95%健康被害が低いとする報告書を発表しました。このため、当該保健省は、禁煙目的には有効と指摘しています。このように、電子たばこは、使用者に対する健康への影響は否定できないが、受動喫煙の問題は回避できそうです。また、溶液の成分表示を義務づければ、禁煙効果も期待できます。電子たばこの購入者は禁煙目的がほとんどだから、電子タバコにより世界的な禁煙が広がれば、喫煙者本人にとっても、受動喫煙をうける者にとっても電子タバコは大きなメリットがあります。

試してみる?電子たばこ

電子たばこを利用する上で気を付けたいことをお伝えしようと思います。まず最初は「普通のお店では買えないことが多い」ことです。発売してからずっと品薄状態が続いており、一時期はネットオークションで定価の何倍もの値段を出さなければ買うことができませんでした。現在ではそこまでの高騰はなくなりましたが、やはり町のたばこ店などで購入できるくらい生産が追い付いているわけではないようです。続いての気を付けるべきポイントは充電時間です。電子たばこは一度吸い終わると次に吸うまでに充電する必要があります。充電は5分程度で終了しますが、数本立て続けにタバコを吸う事はできないので注意してください。チェーンスモーカーの方は2台同じ電子たばこを所有し、交互に吸うというテクニックを駆使していたりします。3つ目の気を付けたいことは「値段」です。電子たばこ本体の値段もそうですが、消費するカートリッジが通常のたばこよりも若干高い(数十円ですが)です。小さな差額かもしれませんが、積み重ねると大きな違いになってきます。また、現状の電子たばこのカートリッジは種類が少なく、自分好みの味(香り)のカートリッジを選べないというデメリットもあります。もちろん臭いがない、火を使わないというメリットはとても大きいですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

notice

社会における電子タバコの扱い

電子タバコの禁煙事情 電子タバコは海外では一般的で人気ですが日本国内ではまだ然程なじみはありません。しかし最近の喫煙者への風あたりや節約意識の向上により徐々に増加している傾向にあります。通常売られている紙巻タバコの場合はニコチンに加え、タールを摂取するため肺が黒くなる現況であるとか有害物質であるなどの情報がネット…

詳細はコチラ

プレゼントにも最適!その他灰皿のお話

電子タバコとの付き合い方・活用方法 本物のタバコとは違い、吸い心地に軽さが感じられる電子タバコ。喫煙を長く続けている人からすると、物足りなさを感じることがあります。しかし、体の健康を考えると、できるだけ喫煙は止めたいもの。また、禁煙しないにせよ、吸う本数を減らせないかと考えている人もいるでしょう。電子タバコの吸い…

詳細はコチラ

仕組みと使い方のコツ

電子タバコとその有用性について 電子たばことは、ペンのような形をした吸引器に、ニコチン(猛毒)、香料、味のついた添加物を入れた溶液を入れて電気で加熱し、蒸気を吸い込む装置です。要するに、「煙を吸う」のではなく「水蒸気を吸って香りや味を楽しむ」のです。ただし、日本では溶液にニコチンを入れることは禁止されています。日…

詳細はコチラ

使用レポートと注意点

実際に使ってみた使用感 今や色々なメーカーから続々と電子タバコが発売されていますが、自分も昨年より電子タバコを吸い始めましたので、その感想を述べたいと思います。自分自身、以前のタバコを吸っている時は特に健康に留意することも無く、1日2?3箱程度吸うヘビースモーカーだったのですが、おそらくその弊害だと思われる「痰」…

詳細はコチラ