使用レポートと注意点

calendar

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

update list

2017年07月06日
社会における電子タバコの扱いを更新。
2017年07月06日
プレゼントにも最適!その他灰皿のお話を更新。
2017年07月06日
仕組みと使い方のコツを更新。
2017年07月06日
使用レポートと注意点を更新。

実際に使ってみた使用感

今や色々なメーカーから続々と電子タバコが発売されていますが、自分も昨年より電子タバコを吸い始めましたので、その感想を述べたいと思います。自分自身、以前のタバコを吸っている時は特に健康に留意することも無く、1日2?3箱程度吸うヘビースモーカーだったのですが、おそらくその弊害だと思われる「痰」がひどくて気になっていました。一人の時はいいのですが、人と話している時でも前触れ無く痰が絡んだりしてました。ところが電子タバコに変えてからは、痰が出ることはありますが明らかに減ったと感じます。少なくとも人と話している最中に出ることはなくなったので、これはとても良い部分だと思います。味についてですが、葉っぱを「燃やす」タバコに対して電子タバコは「燻す」ですので、燻した匂いが鼻から抜ける時に少し違和感がありました。また若干物足りない感もあり、人によっては吸った感がしないかもしれません。余談でとても個人的感想になりますが、体力を使う作業の後の一服は断然「普通のタバコ」が美味しいです。

100%安心できるわけではない

電子タバコだと、有害物質も少なそうで健康に優しいタバコと考えている人もいますけど、電子タバコだから安心ではないという事を理解します。たしかに、通常のタバコよりも有害物質が少ない可能性はありますけど、有害物質がまったく使われていないわけではないです。製品にもよりますけど、実際に電子タバコから有害物質が発見されたという調査もありますし、吸いすぎにはタバコと同じように注意します。また、普通のタバコと同じように副流煙にも注意しなければいけないので、吸う人はなるべく周りに人がいない所を選んで吸うようにします。一緒に住んでいる家族も電子タバコの副流煙について理解して、家族に電子タバコを吸っている人がいたら外で吸うように指示する事が大事です。このように電子タバコはまったく健康に害がないと考えずに、有害物質が含まれている事がありますから自分が使用する電子タバコにどれくらい有害物質が含まれているのか調べる事が大事です。健康の事を考えるのであれば、少しでも有害物質が少ない電子タバコを選ぶ必要がありますし、最終的には禁煙していくのが望ましいです。電子タバコの正しい知識を身につける事が大事ですのでインターネットでもいいですから情報収集します。

notice

社会における電子タバコの扱い

電子タバコの禁煙事情 電子タバコは海外では一般的で人気ですが日本国内ではまだ然程なじみはありません。しかし最近の喫煙者への風あたりや節約意識の向上により徐々に増加している傾向にあります。通常売られている紙巻タバコの場合はニコチンに加え、タールを摂取するため肺が黒くなる現況であるとか有害物質であるなどの情報がネット…

詳細はコチラ

プレゼントにも最適!その他灰皿のお話

電子タバコとの付き合い方・活用方法 本物のタバコとは違い、吸い心地に軽さが感じられる電子タバコ。喫煙を長く続けている人からすると、物足りなさを感じることがあります。しかし、体の健康を考えると、できるだけ喫煙は止めたいもの。また、禁煙しないにせよ、吸う本数を減らせないかと考えている人もいるでしょう。電子タバコの吸い…

詳細はコチラ

仕組みと使い方のコツ

電子タバコとその有用性について 電子たばことは、ペンのような形をした吸引器に、ニコチン(猛毒)、香料、味のついた添加物を入れた溶液を入れて電気で加熱し、蒸気を吸い込む装置です。要するに、「煙を吸う」のではなく「水蒸気を吸って香りや味を楽しむ」のです。ただし、日本では溶液にニコチンを入れることは禁止されています。日…

詳細はコチラ

使用レポートと注意点

実際に使ってみた使用感 今や色々なメーカーから続々と電子タバコが発売されていますが、自分も昨年より電子タバコを吸い始めましたので、その感想を述べたいと思います。自分自身、以前のタバコを吸っている時は特に健康に留意することも無く、1日2?3箱程度吸うヘビースモーカーだったのですが、おそらくその弊害だと思われる「痰」…

詳細はコチラ