プレゼントにも最適!その他灰皿のお話

calendar

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

update list

2017年07月06日
社会における電子タバコの扱いを更新。
2017年07月06日
プレゼントにも最適!その他灰皿のお話を更新。
2017年07月06日
仕組みと使い方のコツを更新。
2017年07月06日
使用レポートと注意点を更新。

電子タバコとの付き合い方・活用方法

本物のタバコとは違い、吸い心地に軽さが感じられる電子タバコ。喫煙を長く続けている人からすると、物足りなさを感じることがあります。しかし、体の健康を考えると、できるだけ喫煙は止めたいもの。また、禁煙しないにせよ、吸う本数を減らせないかと考えている人もいるでしょう。電子タバコの吸い心地に関しては、個人個人思うところはあるでしょうが、きっぱり禁煙するにせよ、しないにせよ、本数を減らすには大変良い代物です。今日はタバコを吸いすぎているな……と思ったら、電子タバコを吸ってみる。禁煙する場合には、それ相応の覚悟や気合いが必要でしょう。ところが、本数を減らすだけなら、電子タバコは即効性があり、比較的誰でも効果を実感できることが多いです。さらに、親へのプレゼントとして電子タバコを買ってみるのもおすすめです。親が喫煙者ならば、親の健康を気遣い電子タバコをプレゼントすれば、喜ばれるでしょう。例えば、父の日にお酒をよく渡していたのであれば、電子タバコなんていいと思います。実際に、電子タバコを父の日のプレゼントとして購入している人は多いです。禁煙目的で電子タバコを買おうか、迷っている人をよく見かけます。しかし、まずは本数を減らすために試してみるのもよいでしょう。また、自分のため以外にも、いつもお世話になっている人のために購入してみるのもおすすめできるアイテムです。

灰皿の必要性

電子タバコに変えて、一つ気づいたことがあります。それは、灰皿を使わなくなったことです。従来のタバコはライターで火を付けて吸うため、当然、灰が出るので灰皿が必要になります。消す時もタバコを灰皿に押し付けて消さなければいけません。火を付けたまま、何かに夢中になって灰が落ちてしまうこともよくあります。それに比べて、電子タバコは火を使わないので灰が出ませんし、火を消す必要がないため、灰皿を使う事がなくなりました。
電子タバコの吸い殻は吸った直後は確かに中心の部分が焦げていて熱いのですが、触れないほどではありません。吸い終わった吸い殻をテーブルの上に置いても、テーブルが焦げることはないです。直接ゴミ箱に捨てる方もいるようですが、ごみ箱が燃えたり、火事になったという話は聞いたことがありません。
とりあえずの捨て場所として灰皿を使っていますが、燃える心配がないので灰皿以外でも、それこそ、そのままゴミ箱に捨てても問題はないと言えます。そうなると、余計に灰皿を使わなくなり、その必要性がなくなってきます。家で吸うときは、もう灰皿は使わなくなりそうですが、外で吸うときは気を付けないといけなくなります。電子タバコに灰皿は必要ないと言ってもタバコには違いありませんから、喫煙マナーを守らないと余計に肩身が狭くなりそうです。

notice

社会における電子タバコの扱い

電子タバコの禁煙事情 電子タバコは海外では一般的で人気ですが日本国内ではまだ然程なじみはありません。しかし最近の喫煙者への風あたりや節約意識の向上により徐々に増加している傾向にあります。通常売られている紙巻タバコの場合はニコチンに加え、タールを摂取するため肺が黒くなる現況であるとか有害物質であるなどの情報がネット…

詳細はコチラ

プレゼントにも最適!その他灰皿のお話

電子タバコとの付き合い方・活用方法 本物のタバコとは違い、吸い心地に軽さが感じられる電子タバコ。喫煙を長く続けている人からすると、物足りなさを感じることがあります。しかし、体の健康を考えると、できるだけ喫煙は止めたいもの。また、禁煙しないにせよ、吸う本数を減らせないかと考えている人もいるでしょう。電子タバコの吸い…

詳細はコチラ

仕組みと使い方のコツ

電子タバコとその有用性について 電子たばことは、ペンのような形をした吸引器に、ニコチン(猛毒)、香料、味のついた添加物を入れた溶液を入れて電気で加熱し、蒸気を吸い込む装置です。要するに、「煙を吸う」のではなく「水蒸気を吸って香りや味を楽しむ」のです。ただし、日本では溶液にニコチンを入れることは禁止されています。日…

詳細はコチラ

使用レポートと注意点

実際に使ってみた使用感 今や色々なメーカーから続々と電子タバコが発売されていますが、自分も昨年より電子タバコを吸い始めましたので、その感想を述べたいと思います。自分自身、以前のタバコを吸っている時は特に健康に留意することも無く、1日2?3箱程度吸うヘビースモーカーだったのですが、おそらくその弊害だと思われる「痰」…

詳細はコチラ