望む通りの看護師の求人の探し方要点を解説します

現在、人員が不足しているといわれている看護職ですが、転職が多いといわれています。転職が多ければ多いほど新しい仕事を探すのは大変になってきます。看護職での転職時に不利にならない転職回数は20代で2回以内、30代で3回以内、40代で4回以内と一般的に言われています。その中でも転職回数が一般的な回数を超えている看護師も少なくありません。主な転職理由は給与や待遇への不満や、他の仕事もしてみたくなった為やスキルアップの為等の理由が挙げられます。夜勤等で昼夜逆転の生活になる事もあるので、職場への不安は大きな退職理由といえます。結婚での退職や出産、家族の介護などの退職理由はマイナスな理由にはなりません。ですが、初めの求人の探し方で今後転職に至るか至らないかを決める事が出来ます。

自分にとって働きやすい職場を考える

転職を多く経験してきた方にも、その後定着して勤務できている人は沢山います。転職の多いといわれる看護師の仕事ですが、希望通りの求人を探すコツがあるからです。その一つとして自分にとって働きやすい職場を考える事にあります。それはどのような職場で働きたいかを考えるのではなく、今まで退職してきた職場の何が不満で、何故転職に至ったかを振り返る事です。嫌だった事、不安だった事を紙等に書き出すことで次の求人探しの際に目先の待遇に囚われて同じ不安要素があるにも関わらず応募してしまったり、転職先探しの条件に出来ていなかったとうゆうミスを防ぐ事が出来ます。そして、気にしてなかった事も書き出す事で、自身でも気づかなかった不満に気付くことにも繋がり、求人を探す前には大事な作業といえます。

自分が働きたい医療機関の条件を知る

長く同じ職場で働いていく為には、自分の生活に合った条件の元で働けるかという点が重要です。夜勤や残業が多すぎて自分自身を酷使する様な働き方になっていないか、新人の教育や働く人の勤務評価制度がしっかり整っている所で働きたいのか、同じ看護師の求人を探す際にはこだわっている条件のTOP3は絶対に含める事が大事です。次に、看護職専用の求人サイトで探してみるという事も一つのポイントになります。看護職の専用サイトでは待遇のいい求人が記載されている事が多く、待遇している項目や勤務事項を詳しく記載している可能性が高いので自分に合った職場を探す事に繋がります。最後に、より多くの求人に目を通す事です。より良い求人を探す為には求人の選別が必要になってきます。一つ目の求人で待遇されていなかった点が二つ目の求人では待遇されているという事も多くあるので、様々な求人を見る事で更に自分に合った職場を探していきましょう。