希望する働き方に合った看護師の求人を探すポイント

看護師の求人を探した時、よく目にするのが正看護師か、准看護師かというところです。両者の違いは、正看護師は国家資格であるのに対し、准看護師は国家資格ではなく、正看護師の指示を受けて仕事をするというところにあります。しかし実際の業務内容や勤務形態に大きな差はなく、1番大きく違うのは給与の差となります。自分がどちらを探しているのかよく確認する必要があります。給与なのか、職場の雰囲気なのか、休暇の取り方なのか自分が譲れないポイントを抑えて探す事で満足のいくものと巡り合うことができるかもしれません。まず給与面ですが給与が高い所にはそれなりの理由があります。残業が多かったり、夜間勤務があるといったことです。給与だけを考えるならあえてそう言ったところ選ぶのも良いでしょう。また、職場の雰囲気によって人の入れ替わりが激しい事もあるので、長期間求人掲載しているところは避けるのが無難です。

看護師の求人を上手に探す5つの方法

看護師の求人を探そうとした時、色々な方法があって迷う事もあるとおもいます。そんな時におすすめの方法を5つ紹介します。1つ目は人材紹介会社で紹介してもらう方法です。民間の業者が求人紹介をしていて入職先との交渉をしてくれることもあります。2つ目は各都道府県の看護協会を利用する事です。各都道府県の看護協会に登録すると求人の閲覧や相談ができます。しかし情報の充実度には限りがあり、利用時間帯も基本的に日中に限られてしまいます。3つ目はハローワークです。ハローワークには豊富な求人がありますが、看護協会同様利用時間帯が限られてきます。4つ目は病院や企業のウェブサイトから応募する方法です。直接企業とやり取りをする事ができます。最後の5つ目は友人、知人に紹介してもらう方法です。具体的な情報を得る事ができたり、入りやすさもあります。

求人票にはない確認しておきたいポイント

看護師の求人を探す際に、求人票には載っていないけどぜひ確認しておきたいポイントがあります。平均残業時間、サービス残業の有無、残業代は全額支給かなどは残業が多い時言われる看護師の仕事であるからこそ確認しておきたい事項です。サービス残業が多く、激務なのに給与はもらえないという事が無い様に注意しましょう。夜勤時の仮眠時間の有無は日勤と違い、夜勤は人手を減らして業務にあたるところも多いため仕事の負担が増えます。その時に息抜きをできるかどうかチェックしておきたいですね。有給消化率、職場の雰囲気、退職金の有無、看護職員の平均年齢や平均勤続年数、産前産後休業、育児休業の取得のしやすさは今後の自分の人生設計と合わせて確認しイメージする事で、長く続けられるかの判断材料にもなるので、なるべく病院や企業に問い合わせをしてみる事が大切です。